宿泊情報(ぶなの森玉川温泉)                            受付時間 :平日AM 9:00〜PM 6:00

宿泊ホテル情報 - ぶなの森玉川温泉 湯治館そよ風
(現在、営業停止中)



右側のこげ茶色に見えるのが大浴場だ。非常に大きい。

玉川温泉にある一番新しいホテル



広いエントランスは段差がほとんどないバリアフリー。目の前にフロントがある。



エントランスの左側には館内の案内と、備え付けの車椅子がある。



エントランスには客室内の様子が確認できる掲示板がある。



フロントでチェックインしてエレベーターを使わずに階段で2階へと行く。照明が落ちついた雰囲気をかもし出している。吹き抜けになっていて開放感がある階段だ。



2階へ上ると花や陶器類が飾られていてる。少し進んで・・



後ろを振り返るとこんな感じ。とても洒落た雰囲気だ。



左手にはレストラン燦樹(さんじゅ)が見える。ここで夕食と朝食をとる。



右手にはお土産品がおいてある売店がある。少し進むと・・



右側にティーラウンジが。そして・・



左側には手書きでひとつ一つ作っている工芸品が販売されている。似顔絵も描いてくれる



宿泊棟へと進んで行く。ここから左側にあるエレベーターに乗り部屋に向かう。



今日お世話になるシングル部屋に到着!清潔感あふれるとてもいい感じの部屋だ。



備え付けの冷蔵庫、テレビ、ポットなど。



お菓子類やお茶のセットが用意されている。



まるで使ってないような新しさを感じるクローゼット。貴重品入れや、洗濯ハンガーも入っている。



ドアを開けると、部屋のトイレはウォシュレットになっている。これはとても嬉しい!



洗面所もとても清潔でキレイなので部屋全体に新しさを感じる。



夕食をとりにレストランへ。ここは売店の目の前にあるレストラン燦樹(さんじゅ)。バイキング形式で食事をとる。



すごい迫力のフルーツタワー!思わず目を奪われてしまう。メロンやら柿やらがこれでもかと乗せられている。



湯治場とはとても思えないような豪華な夕食!タイのあら汁をはじめサーモンなど刺身類、貝類、揚げ物等、とても全部はトレーに乗せきれなかった。満足度高し!秋田の地酒や地ビールもレストランには置いてあるがそこまでお腹に余裕がなかった。


一息ついて、3階に上りフィットネスルームへ。ルームランナーなどひと汗かける器具が置いてある。この他・・



マッサージチェアも利用できる。この隣の部屋には・・



落ちついて本を読める図書室が。



この図書室にはパソコンもあるのでインターネットができる。ここで2階に下りて・・



売店とティーラウンジの間の通路を進んで行くと、有名人のサインが飾ってあった。ぶなの森玉川温泉に宿泊したのだろう。もう少し先に進むと・・



大浴場の入口が!大浴場の入口手前には画期的なものがあった。それは・・



なんと!貴重な玉川温泉の北投石を使った岩盤浴場。この北投石は放射性元素のラジウムを含んでいる。ここでは本物の北投石を使い、玉川温泉の地獄谷さながらに、蒸気ミストを発生させている。まさに玉川温泉の環境そのものだ!これ以上ない本物の岩盤浴と言える。これはここ、ぶなの森玉川温泉にしかない特別な施設。天候に左右されないで、本物をじっくりと味わえるので是非とも体験してもらいたい。



大浴場の中もこれまた素晴らしい!天井が非常に高く気持が良い。



源泉100%の浴槽や源泉50%の浴槽などもある。源泉100%のお湯はぬるめだ。これは熱めだと強酸性の泉質のため皮膚が痛くなるからだ。ここには気泡が出ている浴槽もある。これはとても気持が良いのでおすすめ。それにしても、もの凄く太い柱を建てたもんだ。



贅沢に場所をとっているタル湯。ひとりじめ気分を味わえる。となりは・・



ここは寝湯。ごろんと寝転びながら気ままに入れるのが楽しい。ここで右にある大浴場の木のドアを開けると・・



外の冷たい空気が入ってくる、また違うスペースが出てきた!これは蒸し風呂だ。この蒸し風呂の右横を通っていくと・・



もう一つの岩盤浴場。4人程度入れる。そして・・



ここは露天風呂!左となりには立ったまま入れる歩行湯がある。ここはさらに天井が高くなっている感じがして開放感であふれている。半露天になっているので天候に変化があっても全然平気だ。大浴場ではここが一番のお気に入りかも知れない。かなりのおすすめ。



夕食と同じ場所で朝食をとる



夕食に続き、これまた文句なしの朝食!おなかいっぱい食べられる。食事はとても充実していて美味しかった。


ぶなの森玉川温泉 湯治館 そよ風の様子を動画で見てみる!
動画15


画面中央の矢印をクリックすると動画が見られます。


今、皆さまより「喜びの声」がゾクゾクと届いています。
ただ今、151名様分の「生の声」が掲載中です。
ドンドン増加しています!